2012年09月13日

緑黄色野菜と淡色野菜の知識


「緑黄色野菜」と「淡色野菜」はそれぞれ
美白獲得、美白キープには欠かせない食材です。

年齢や体重によりもちろん個人差はあるので
だいたいの目安ですが、

「緑黄色野菜」100グラムと「淡色野菜」200グラム
の摂取がお肌には望ましいようです。

これ、絶対覚えておいてください。


でも、具体的には?野菜名を覚えていますか???

いわれれば「あっ、そうそう。そうだった」というレベルで、
なかなか思いつかない人もいるのでは?

以下に主なものを紹介しておきますね。


◎「緑黄色野菜」

ホウレンソウ、ニンジン、にら、オクラ、小松菜、さやえんどう、
ブロッコリー、かぼちゃ、しその葉、パセリ、ピーマン、
さやいんげん、、、

◎「淡色野菜」
カリフラワー、もやし、レンコン、ゴーヤ、さつまいも、
じゃがいも、カブ、白菜、、、


この程度覚えておけば、スーパーで悩まず変えますね。
なんとか覚えてください。美白のためです。


「緑黄色野菜」はみなさん量を意識して摂取している
人も多いかとおもいますが、

「淡色野菜」については量の摂取を意識している人を
あまり見かけません。


美容系の雑誌特集などでも「緑黄色野菜」がいつも
めだって取り上げられますから、仕方ないのかもしれませんが。


でも、どちらも美白のためには必須の栄養素ですから、
それぞれの量をしっかり「意識」して、摂取するようにこころがけ
ましょう!!

posted by marumaru at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保湿の成分について学んどこう


美白を維持するためには
「保湿成分」が大切ですね〜

「あの人、肌がカサカサなのに美白だよね〜」
なんてあり得ませんから。

保湿と美白は切っても切り離せない関係ですね。


とはいえ、何がどうなの?なんでもいいの?
どんな成分でもいいの?

と悩みます。

化粧品パッケージみても、
難しい成分表示ではわからず、

「保湿」って書いてあればいいか!
って買ってる人いませんか?

ということで、今回は保湿成分の特徴をご紹介します。


○水を挟んで逃がさなくする成分

代表は「セラミド」です。
そのほか「スフィンゴ資質」「レシチン」など。

セラミドは、角質間細胞資質の約4割を占めている
成分ですから、これを使えばバッチリ!

と言いたいところですが、セラミド配合の化粧品。
それなりに価格は高いです。。


○水分含有力がある成分

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」など。

このあたりはクリームでもなんでもお手ごろ価格のものでも
配合されていますよね。


○湿気を吸い取る成分

「アミノ酸」「尿素」「PCA」「PG」
「グリセリン」「1.3BG」など。

水と結合して保湿をしてくれますが、
空気中の水分(湿度)にも関係するので、
空気が乾いていると必然的に保湿力も下がってしまう成分です。


○油の成分

表面に油を塗って、水分を外にのがさず保湿する目的。
「ミネラルオイル」「アボガドオイル」「オリーブオイル」
「ミンクオイル」などなど。

自分の使っている化粧品たちは
どんな成分でしょうか?

美白キープのための必須成分の「保湿成分」ですから
意識的に自分に合うものを探してみましょう!

posted by marumaru at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美白のため水は飲んだほうがいい?


水は美容・美白に良い!

多くの人はそういいますよね。

実際に、オフィスで通販で大量買いをして、
1日2リットルノルマで頑張っているOLさんも多いですよね。

確かに飲まない、不足するというのはNGですが、
飲めば飲むほどいいかといったら、

そんなに簡単ではありません。

じゃ、何リットルなの??


といっても、適量が人によって違いますから、
一概には言えません。


人の体は水をたくさん飲んだからと言って、
飲んだ分だけ老廃物を排出するというものでも
ありません。

内臓の負担につながり、内臓の疲労、美白への
悪影響となるのです。

要するに「むくみ」ですね。

むくんでしまうと、肌の代謝は悪化しますから、
美容、美白にマイナス効果なんです。


みんな買いこんでオフィスで飲んでるから私も!
とトライするのはいいですが、
適量は皆さん違います。

無理をしないように気を付けましょうね!!


また、水分といういみでは、

カフェインの取りすぎに注意しましょう。

最近ではペットボトルも大き目のもので
ゴクゴクとお茶がのめます。

水だとさみしいからと、お茶ばっかりの人もいるでしょう。

さらにはオフィスで珈琲が社員は無料だからと
午後のひと時に飲んでしまうとか。。。


このカフェインも、とりすぎは美白の敵です。

のみものは、体が欲するレベルをバランスよくとる。
食べ物といっしょの考え方ですね。

posted by marumaru at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。