2012年09月13日

保湿の成分について学んどこう


美白を維持するためには
「保湿成分」が大切ですね〜

「あの人、肌がカサカサなのに美白だよね〜」
なんてあり得ませんから。

保湿と美白は切っても切り離せない関係ですね。


とはいえ、何がどうなの?なんでもいいの?
どんな成分でもいいの?

と悩みます。

化粧品パッケージみても、
難しい成分表示ではわからず、

「保湿」って書いてあればいいか!
って買ってる人いませんか?

ということで、今回は保湿成分の特徴をご紹介します。


○水を挟んで逃がさなくする成分

代表は「セラミド」です。
そのほか「スフィンゴ資質」「レシチン」など。

セラミドは、角質間細胞資質の約4割を占めている
成分ですから、これを使えばバッチリ!

と言いたいところですが、セラミド配合の化粧品。
それなりに価格は高いです。。


○水分含有力がある成分

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」など。

このあたりはクリームでもなんでもお手ごろ価格のものでも
配合されていますよね。


○湿気を吸い取る成分

「アミノ酸」「尿素」「PCA」「PG」
「グリセリン」「1.3BG」など。

水と結合して保湿をしてくれますが、
空気中の水分(湿度)にも関係するので、
空気が乾いていると必然的に保湿力も下がってしまう成分です。


○油の成分

表面に油を塗って、水分を外にのがさず保湿する目的。
「ミネラルオイル」「アボガドオイル」「オリーブオイル」
「ミンクオイル」などなど。

自分の使っている化粧品たちは
どんな成分でしょうか?

美白キープのための必須成分の「保湿成分」ですから
意識的に自分に合うものを探してみましょう!

posted by marumaru at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。