2012年09月13日

くちびるのケア


空気が乾燥してくる季節、くちびるの荒れは
悲しいもの。

くちびるの荒れが季節の代わりを知らせてくれる〜
など気楽なこともいってられません。

くちびるががさつくと、リップのノリも悪くなるし
他の美白対策がバッチリでも、
気分が落ち込みますよね〜


ご存知の通り「くびびる」は角質層が薄いので、
乾燥には弱いんです。


皮膚に比べて「弱い」ところですから、まずくちびる
からガサガサが始まり、
次第に顔全体が乾燥して・・美白を失っていく・・・
という人もいますよね。

くちびるが少しかさついてきたら、
何よりの美白対策「睡眠」を多くとるなど、
美白意識をワンランクUPして、しっかりケアしましょう。


でも、もし荒れてしまったとき。

あ、くちびるが荒れてきた!気になる!
というと、つい、

「気になっていじってしまう。」ことありませんか。
気が付いたらむしってた。なんて。。

これは絶対に厳禁です!!

肌にやさしい「ワセリン」でしっかりケアしましょう。

あとは、くちべにをつけないで生活!
というわけにもいかないでしょうから、
きちんと対策は練りましょう。

おちない口紅は、刺激が強いと言います。

敏感肌用の口紅もしっかり用意しておいて、

拭くときももちろん、ガサガサ拭いたりなどしないように!

posted by marumaru at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かかとのケア


「かかと・足の裏」だって肌のうち。
美白ケアが必要な大切な肌の一部です。


とはいえ「かかと、足の裏」はなかなか自分では
みえないところです。

毎日鏡で見つめる大切な「顔」
美白を意識している「顔」
とは気になり方が違う。

忙しいと、どうしても手を抜きがちになる
ところですよね。

夏場、かかとが見えると
「顔は美白」
でも「かかとはガサガサ」
という女性も、ホントによく見かけます。

本格的にひどくなってから、やっと気になりだす
パターンですね。


「足の裏」はそもそも、普通の場所と違って、
体重がしっかりのるところ。

皮膚の防御反応が作用して、
角質が固く、そして厚くなります。

お手入れをしないと、どんどんとその角質は固く、
厚くなります。

そうしているうちに、厚くなりすぎてどんどん乾燥も
すすみ、最後には「ひび割れ」してくるわけです。


こうなると見かけも恥ずかしいですが、
痛みもでてくる。
肌荒れどころか「怪我」ですね。
こうなると。


「かかと・足の裏」のケアの基本は、
入浴時の軽石でのゴシゴシ。

しっかり定期的にケアをして、皮膚の厚さを把握
しておく必要があります。

また、夏など「シャワーだけ」だと皮膚もやわらかく
なりません。

毎日とはいわなくても、「しっかり浴槽に入る」ことは
美白のため、かかとケアのため必要ですね。

そして保湿成分のある「尿素」配合クリームがおススメ。

こまめなお手入れが基本です。
posted by marumaru at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。